HOME >> HTMLの基本 >> HTMLの決まりごと MENU▼ 

HTMLの決まりごと


HTMLファイルを作成するにあたっていくつか決まり事がありますので見ておきましょう。

ファイル名に関する決まりごと

HTMLファイルのファイル名は、拡張子を「htm」か「html」にする必要があります。

HTMLファイルを表示する場合には 「Internet Explorer」 や 「Netscape」 などの ブラウザ(HMTL表示ソフト)を使用しますが、拡張子がこの形式になっていないとたとえファイルの中身が HMTL の形式で記述されていてもHTMLのファイルとして扱ってもらえません。
(つまりHTMLを正しく見れません。)

ですので、ファイルを保存する際には必ずファイルの拡張子を
「htm」若しくは「html」で保存してください。
▲ TOP へ



記述方法の決まりごと
HTMLは下記のように記述を行います。

<HTML>
<HEAD>

   〜

ここにページの基本情報を記述する

   〜

</HEAD>
<BODY>

   〜

ここに表示する内容を記述する

   〜

</BODY>
</HTML>


上記の記述はHTMLを記述する際の決り文句のようなものです。

まず、「<HTML>」 と 「</HTML>」 は この文章が HTML文書 であることの宣言です。

実際にブラウザに表示される部分の記述は、「<BODY>」から 「</BODY>」 までの間に記述します。

<BODY> タグの属性を設定すると、そのページの基本書式を設定することが出来ます。
( ページの背景色や、ページマージンの設定など   >> 詳細へ

<HEAD>」から「</HEAD>」 までには そのページの基本情報
(ページタイトルや文字コードなど) の設定を行います。
この部分はブラウザには表示されません。  >> 詳細へ

▲ TOP へ



タグの記述方法

タグは 「<   >」で囲まれたホームページの記述プログラムです。
タグの種類によっていろいろな表現を行うことが出来ます。

タグの決まりごととして、「<   >」から開始したタグは、必ず 「</   >」 で閉じる必要があります。

</   >」 で閉じていない場合、タグの表現効果が継続されますので、 必要のない文章にまでタグの効果が効いてしまいます。


[ <B> タグの使用例 ]
<B> 文字を太く表示します。 </B>

  ↓

文字を太く表示します。



例外として、閉じタグ「</   >」 の必要ないタグもいくつかあります。


[ 閉じタグの必要ないタグ ] 通常のタグは、タグの効果の範囲を指定する為に閉じタグ「</   >」 が必要となりますが、 上記のタグはそれのみでタグの機能が完結しており範囲指定の必要がない為、閉じタグも必要ありません。
▲ TOP へ






関連ページ
  1. HTMLとは?
  2. HTMLの決まりごと



| HOME | ご利用について | 推奨環境 | リンクについて | 規約・免責 | リンク集 | お問合せ | TOP |
(C)Copyright 2004 有限会社ミスティーネット Inc. All Right Reserved